建設業許可とは?

建設業許可制度の概要

建設工事を請け負って営業を行うためには、軽微な建設工事のみしか請け負わない事業者を除いて、建設業法に基づいて建設業許可を取得する必要があります。

これは、元請・下請の区別なしに、また個人事業主か法人であるかに係わらず、建設業許可を受けなければなりません。

ですが、軽微な工事のみを請け負い営業している業者は、必ずしも建設業許可を受けなくてもよいこととなっています。

軽微な建設工事とは?

建設業を営む事業者は、下記の軽微な工事以外を行う場合には、必ず建設業の許可を受けなければなりません。

軽微な工事
建築一式工事 請負代金の額が1,500万に満たない工事
又は
延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事
建築以外の工事 工事1件の請負代金の額が500万円に満たない工事

建築一式工事の場合は、「請負代金の額が1,500万に満たない工事」であるか「延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事」のどちらかを満たすことによって軽微な工事と認められます。

つまり、請負金額が5000万円の120㎡の木造住宅工事は軽微な工事となり、建設業許可は必要ありません。

▼ 建設業許可の概要 ▼

建設業許可申請について何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県での建設業許可申請手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

建設業許可についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る