建設業許可申請の流れ

申請の流れ

要件チェック

建設業許可申請が可能であるかどうかを事前にチェックする必要があります。
建設業許可の場合、なぜ、この申請が難解であるかというと、申請要件を満たすために、原則通りに行かないことも多いので、「Aの書類が準備できないなら、Bの書類で証明する」というように柔軟な対応が必要になります。

建設業許可申請の流れ

必要書類の収集

経営業務管理責任者、専任技術者の要件を証明するため、官公庁から証明書を取得したり、会社内部の資料から必要なものを選別するなどを行います。

建設業許可申請の流れ

申請書類の作成

申請書類に関しては、各都道府県のホームページなどからダウンロードすることも可能です。
また、申請書類の部数は、正本・副本など各都道府県によって異なりますので、注意が必要です。

建設業許可申請の流れ

審査

窓口での審査で問題がなければ、申請手数料を納付して受付となります。
審査は、知事免許の場合は約1ヶ月、大臣免許の場合は約4ヶ月程度が必要です。

建設業許可申請の流れ

許可通知書

許可通知証を受け取った後、業者票を事業所内に掲示して営業を行います。

▼ 建設業許可の概要 ▼

建設業許可申請について何かお困りではありませんか?

ひかり行政書士法人では、京都府・滋賀県での建設業許可申請手続きに関して、お電話にて代行サービスのお申込み・お問合わせを承っております。

建設業許可についてのご相談は、お気軽にお問合わせください。

お問い合わせはこちら

1 ご予約

お電話・メールにて、代行サービスのお申込みやお問い合わせを承っております。

2 日時調整

ご相談・お打ち合わせの日時を調整いたします。ご来所のほか出張相談も可能です。

3 ご相談

行政書士が直接、ご相談を承ります。ご不明の点は遠慮なくお尋ねください。

運営:ひかり行政書士法人(京都府)

ページトップへ戻る