建設業許可更新サポート+変更届サポート

建設業許可は、許可の有効期間満了日の3カ月前から30日前までの間に更新の手続きを行う必要があります。

また、更新手続きを行うためには、事業年度終了後4カ月以内に提出が必要な決算変更届(事業報告)が更新までの毎事業年度分なされていることが必要となっています。

建設業許可の有効期限が日曜日等の休日であっても、その日をもって有効期限は満了してしまい、更新の申請を期限までに行わない場合、新規で建設業許可を取りなおす必要が出てしまいます。

京都府・滋賀県を中心に関西一円の「建設業許可」の更新・「決算変更届」の提出を、ひかり行政書士法人がサポートします。

建設業許可更新申請サポート

5年毎の更新の前にやっておくべきことを確認しましょう。

・毎年の決算変更届は提出しているかどうか?
・営業所や会社名に変更はないか?
・役員や経営業務管理責任者、専任技術者に変更はなかったか?
・経管や専任技術者の常勤性を証明する資料はあるか?

上に挙げたような変更があった場合、事前に決算変更届・その他の各種変更届が提出されていないと、建設業許可の更新申請を行うことができませんのでご注意ください。

サービス内容

サービスに含まれるもの

サービス内容 建設業許可更新サポート
事前のご相談
許可要件のチェック
申請書類の収集
申請書類の作成
申請手続きの代行
許可証のお渡し

サービス料金

更新に関わるひかり行政書士法人のサービス料金は知事許可、大臣許可で以下の通りとさせていただきます。

建設業許可更新(知事許可) 700,00円(税込77,000円)~
建設業許可更新(大臣許可) 100,000円(税込110,000円)~

法定費用

建設業許可の更新手続きは、知事許可・大臣許可ともに法定費用50,000円となります。

ただし、一般建設業と特定建設業の更新に必要な法定費用は別々にカウントされることとなっています。

一般建設業許可と特定建設業許可の両方を取得している建設業者の場合、5+5で合計10万円の法定費用が必要となりますので、注意が必要です。

知事許可・大臣許可(一般・特定のどちらか) 50,000円
知事許可・大臣許可(一般・特定の両方) 100,000円

※その他申請に必要な各種行政証明書等の取得にかかる実費が必要となります。

必要な期間

申請書類が受け付けられた後の審査期間について、知事許可・大臣許可で異なっています。

審査期間はおおよそ次のとおりとなりますが、大臣許可に関しては、申請書類の受付がなされてから、約4カ月程度の期間が必要となりますので注意が必要です。

知事許可 約30日
大臣許可 約120日

建設業許可更新申請サポートの流れ

一般建設業許可申請サポートをご利用いただいた場合の許可取得までの流れは次のとおりとなります。

また、このサービスご利用いただいた際のご請求の時期は、業務着手時に着手金(報酬総額の半金)+法定費用、申請受付時に残金(報酬総額の残金)+その他申請にかかった実費(行政証明の取得費用や交通費など)となっています。

お客様 事前相談のご予約
行政書士 お客様と申請内容の打ち合わせ
お客様 着手金のご請求書のお支払い
行政書士 申請書類の収集+申請書類の作成
お客様 申請書類への押印
行政書士 申請の代行
お客様 許可通知書の受け取り

変更届申請サポート

決算変更届

建設業許可業者は、毎事業年度終了後4か月内に「決算変更届」の提出が義務付けられています。

また、その他にも役員や営業所の所在地、経営業務管理責任者、専任技術者などに変更があった場合には「変更届」を提出する必要があります。

これらの決算変更届、各種変更届の提出がなされていない場合は、建設業許可の更新手続きができませんので注意が必要です。

各種変更届

建設業の許可取得後に、会社の役員や経営業務管理責任者、専任技術者、事業所の所在地、会社名などに変更が生じた場合は、変更届出を行う必要があります。

変更届が必要となる変更事項と提出期限は次のとおりとなっています。

変更後14日以内

建設業許可に関する届け出のうち、変更後14日以内の提出が必要な事項は次のとおりとなります。

  • 経営業務の管理責任者
  • 専任技術者
  • 建設業法施行令第3条に規定する使用人

変更後30日以内

建設業許可に関する届け出のうち、変更後30日以内の提出が必要な事項は次のとおりとなります。

  • 商号
  • 営業所の名称
  • 営業所の所在地、電話番号、郵便番号
  • 営業所の新設
  • 営業所の廃止
  • 営業所の業種追加
  • 資本金額
  • 役員等
  • 支配人

サービス料金

決算変更届、各種変更届の申請サポートの料金表となります。

変更届の料金は、14日以内、30日以内の提出期限によって分かれています。

決算変更届(知事) 40,000円(税込44,000円)~
決算変更届(大臣) 50,000円(税込55,000円)~
変更届(14日以内) 40,000円(税込44,000円)~
変更届(30日以内) 30,000円(税込33,000円)~

※法定費用は必要ありませんが、そ申請に必要な各種行政証明書等の取得にかかる実費が必要となります。

建設業許可についてのお問い合せ

ひかり行政書士法人では、建設業許可についてのご相談や建設業許可申請サポートのお申込みについて、お電話・メールでのお問合わせを承っております。

京都府・滋賀県の建設業許可についてのご相談は、お気軽にご連絡ください。

その他の許認可申請について

その他の許認可申請についてお調べの方は、ひかり行政書士法人の総合サイト「許認可.net」もぜひご覧ください。

初回相談は無料にて承っております。お電話とメール、ご都合のよい方法でご連絡ください。(ご来所での相談をご希望の方は、お電話・メールでご予約ください)

メールでの相談をご希望の方は、下記フォームより情報を送信ください。24時間承っておりますが、返信にお時間を頂戴する場合がございますので、お急ぎの方はお電話にてご相談ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに送信電話に連絡どちらでも可

    直接の相談をご希望の方は日時をご選択ください
    ※カレンダーのアイコンをクリックすると日付が選べます。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ※先約が入っている場合は、別の日時をご提案させていただく場合がございます。

    メッセージ本文

    ページトップへ戻る